妊娠時は体を温めよう|有機田七人参を摂取して健康を取り戻す|体によい栄養素で健康維持

有機田七人参を摂取して健康を取り戻す|体によい栄養素で健康維持

MENU

妊娠時は体を温めよう

スーツのメンズ

妊娠時の体の冷えに注意

妊娠時は体を温める事が大事です。体が冷えていると手足がむくんだり、便秘や腰痛が悪化したり、お腹が張りやすくなったりします。中にはつわりがひどくなったという方もいます。冷え症が悪化するとお腹の赤ちゃんにも影響があります。お腹が冷えると赤ちゃんは温かい場所を探して姿勢を変え、逆子になってしまう事もあるそうです。妊娠中はお腹が大きくなって姿勢が変わり、血行が悪くなって冷え症になりやすい状態ですので、普段から冷えないように注意する必要があります。また、食べ物にも注意が必要です。妊娠期間が夏場の妊婦さんは食べるものにも注意が必要です。夏が旬の食材は体を冷やすものが多くあります。クーラーの効いた部屋も冷え症の原因ですので、特に注意が必要です。

体を温める生活

妊娠時は自分の体のためにも、そしてお腹の中の赤ちゃんのためにも冷え症にならないように注意しましょう。なるべく体を冷やさない生活をすると同時に、なるべく体を温める生活をしましょう。お腹には腹巻をしましょう。クーラーの効いた部屋にいる場合はブランケットやレッグウォーマーを付けることも有効です。妊娠時はどうしても運動量が減ってしまいます。お風呂にゆっくり浸かって体を温めた後は、軽くストレッチをすることが効果的です。食べ物は冬が旬の食べ物や、赤やオレンジなどの暖色系の食べ物が体を温める効果があります。飲み物も冷たいものではなく、温かいものを選んだり、スープなどを積極的に摂るようにすると、冷え症は改善されるでしょう。それから血流促進の効果のあるサプリメントの摂取も有効です。血流が良くなれば末端まで温かい血液が行き渡り、冷え症の改善になります。効果的な成分としては、サポニンやショウガ、ヘスペリジンなどがあります。また高麗人参などの漢方にも、冷え症を改善する効果のあるものは多いので、薬局で相談してみても良いでしょう。